1. 転職エージェント
  2. 転職に関するアンケート
  3. 20代の仕事に対する意識調査

調査内容

掲載日:2015/03/27

概要 よく50代・40代の方が「今の若者は・・・」と、ため息交じりでつぶやく姿をよく目にします。言われた方からすると、「私達の事を何も知らない!」と思っている方も多いのではないでしょうか。なぜそういった事を言われてしまうのか「イマドキの若者の実態」を浮き彫りし、他の世代との「仕事に対する意識の違い」を見てみたいと思います。
目次
調査対象者 22~55歳の男女(社会人経験あり)
雇用形態 正社員
調査期間 2014/11/28~2015/02/22
調査方法 外部機関によるインターネット調査
有効回答数 635件

データで徹底分析!働き盛りの社会人の本音とは?

仕事は100%で成果をお返ししますが、プライベートは大事にしたいです。

 飲み会を強制すると、パワハラになるとは恐ろしい社会になってしまいましたね。朝方まで飲んで数時間後には出社する、そんな時代もありました。自分を犠牲にせず、自分の時間を大切にするということなのでしょう。


あなたのワークスタイルは、「給与優先ですか?」それとも「プライベート優先ですか?」

 20代はやっぱり遊びたい時期なのでしょうか。50代の「プライベート優先」の割合が上回っている結果は、理由が分かる気がします。

あなたのワークスタイルは、「給与優先ですか?」それとも「プライベート優先ですか?」

突然、仕事終わりの22時に上司から飲み会の誘いが・・・「行きますか?」それとも「断りますか?」

 どうやら「誘われた人によります!」というわけではないようです。それにしても、そんなに家に帰って一人が良いのでしょうか・・・。

突然、仕事終わりの22時に上司から飲み会の誘いが・・・「行きますか?」それとも「断りますか?」

自分自身や会社の成長のためなら、残業を「許容しますか?」それとも「避けますか?」

 最近、政府が長時間労働にメスを入れて残業時間の抑制に動こうとしていますが、気になる残業時間と残業代について調査していますので、そちらも参考にしてください。

自分自身や会社の成長のためなら、残業を「許容しますか?」それとも「避けますか?」

生まれた時からデジタルライフ!情報はたくさんあるけど、自分が分からない、自分が何をしたいか分からないかも・・・

 すぐに検索して情報・モノ・コトが得られる時代ですから、成功も失敗も、手足を動かさなくても結果が見えてしまいます。

 ちなみに、今の20代に「家電の三種の神器」を聞いたら、どんな答えが返ってくるのでしょうか。

 生まれた時からスマホがありますからね。だって、スマホで赤ちゃんをあやすお母さんの姿を電車で見ますし・・・。


自分のキャリアについて、考えていますか?

 どうせ働くなら、明確な目標や計画は持って仕事に取り組んだ方が良いですよね。たまには自分と向き合う時間をつくり、3年後、5年後の自分の姿について考えてみてはいかがでしょうか。

自分のキャリアについて、考えていますか?

仕事で実現・チャレンジしたい事はありますか?

 チャレンジにしない事も、「リスク」になります。後悔しないよう、時には失敗する覚悟も必要です。

仕事で実現・チャレンジしたい事はありますか?

何かに挑戦しようとした時に、まずは「行動に移す?」「情報を調べてから検討する?」

 どちらの考えを肯定する気も否定する気もありませんが、ただ世代別に差が出ました。

何かに挑戦しようとした時に、まずは「行動に移す?」「情報を調べてから検討する?」

20代は、よく「受身でマイペース」と言われるけど本当にそうなの?

 ある程度業務に慣れてくると、上司から指示された定型作業をこなすばかりになってしまいがち。決して「受動的な姿勢」を否定しているつもりはありませんが、もし少しでも当てはまることがあったら、これを機会に仕事に対する姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。当事者意識を持って仕事に取り組めば、新しい発見が、そこにはあるかもしれません。


仕事は、「自分のペースで進めたい?」それとも「チームで仕事を進めたい?」

 経験値が少ないせいか、周りから「マイペース」のレッテルを貼られてしまうのかもしれません。

仕事は、「自分のペースで進めたい?」それとも「チームで仕事を進めたい?」

会社では、「自分で考えて仕事をしたい?」それとも「指示を待って行動したい?」

 「待ち方」にもよりますが、はじめから仕事に対する情熱をすべてを放棄してしまう態度はよくありませんよね。

会社では、「自分で考えて仕事をしたい?」それとも「指示を待って行動したい?」

部下(後輩)に期待する姿は「仕事を自分から取りに行く姿勢」それとも「与えられるまで待つ姿勢」

 20代で「指示を待って行動したい」という意見が40%弱いることを加味すると、世代間で認識のギャップが生まれてしまっているのかもしれません。

部下(後輩)に期待する姿は「仕事を自分から取りに行く姿勢」それとも「与えられるまで待つ姿勢」

自分自身の得意業務は「マニュアルがない業務に取り組む事だ」それとも「型通り仕事を正確に対応する事だ」

 ルーチンワークより、人と違った仕事をする事の方が、目の前に広がる世界は違ってきます。また上司もそういった姿を見せてあげるのも、上司の務めかもしれません。

自分自身の得意業務は「マニュアルがない業務に取り組む事だ」それとも「型通り仕事を正確に対応する事だ」
  1. 転職エージェント
  2. 転職に関するアンケート
  3. 20代の仕事に対する意識調査