1. 転職エージェント
  2. 転職活動を始める前に
  3. 円満退職のススメ

ルールやマナーをしっかりと守って行動しよう

 転職先が決まり、円満退職をするのが望ましいですが、初めての場合一見難しそうに考えられます。しかしルールやマナーをしっかりと守り行動していくと円満退職につなげることができます。

退職の伝え方(退職日の設定と「退職願」提出≒退職時の事務手続き)

 まずは口頭で。 いきなり退職届けを提出するのはNGです。まずは、口頭で直属の上司に退職の意志を伝えましょう。

残務整理・引継ぎ

 退職で会社にかける迷惑をできるだけ小さくするために、業務引き継ぎの作業計画を立てましょう。そのスケジュールは、退職日より一週間ほど前にすべての残務整理、業務引き継ぎが完了するよう計画することです。

会社から引き止められたら?

 あの手この手で引き留められて、退職日を先延ばしにされるのは避けたいもの。退職届けを出してから実際に退職するまでに最低限必要な期間は2週間です。引き止めがあった場合は、「すでに転職先が決まり、入社誓約書も提出した」などと言うのも1つの方法。勤続する意思がないことをはっきりと伝えることで、会社の対応も変わるはずです。また絶対に避けたいのが、退職理由として給与や待遇、人間関係など職場への不満を口にすること。これは、よくマナーの問題としてとり上げられますが、それ以上に慰留防止のうえで大切です。

  1. 転職エージェント
  2. 転職活動を始める前に
  3. 円満退職のススメ