1. 転職エージェント
  2. はじめての転職

はじめての転職で気をつけたいポイント

分からないことが、分からない!なんて当たり前。

 こんなはずじゃなかった・・・転職失敗例。転職を考え始めた人に見てほしい「はじめての転職」で気をつけたいポイントをご紹介します。

面接官と話が盛り上がり、そのまま入社。いざ仕事をしたら価値観が合わず・・・

面接官と話が盛り上がり、そのまま入社。いざ仕事をしたら価値観が合わず・・・

 面接官と一緒に働くわけではありません。もちろん、入社後に面接官が上司になることもあります。いくら場が盛り上がっても、その面接官だけで会社が成り立っているわけではないので、職場の雰囲気・人間関係を事前調査しましょう。

社風・社内制度に魅力を感じ入社。思わぬ落とし穴が

社風・社内制度に魅力を感じ入社。思わぬ落とし穴が

 昼食無料制度、アニバーサリー休暇制度、iPhone/iPad支給制度、旅行支援制度など、世の中には魅力的な社内制度がたくさんあります。 最近では、社内にユニークな社内制度を取り入れている企業が増えているそうです。なんとも魅力的な話題の多い会社ですが、実態はどうなのか?実際に入社しないと分からないですよね。そんな時は、転職エージェントのキャリアコンサルタントに実態をヒアリングしてみよう。ユニークな社内制度を取り入れる背景・裏側に隠れた事実があるかも!?

収入が不満で実力主義のベンチャーへ転職したが、ミスしてしまい年俸が激減

収入が不満で実力主義のベンチャーへ転職したが、ミスしてしまい年俸が激減

 年収に惹かれて転職先として、ベンチャー企業を選ぶかは迷うところです。ベンチャー企業の特徴は、経営陣が若いので、実力次第で年齢に関係なく役職につく事が出来ます。役職につけば飛躍的に年収アップするでしょう。ただ事で気をつけたいことがベンチャー企業の中には、退職金制度そのものがないところもあります。勤続年数も短く、転職志向が強いため必要がないと判断されているのでしょう。

やりがいだけを求め入社したら、毎日終電に乗る事に

やりがいだけを求め入社したら、毎日終電に乗る事に

 友達や同僚に「やりがいのある仕事をしたい」と考える人はいませんか。結論から言ってしまうと、世の中に初めからやりがいにある仕事なんて無いです。スキルを高める意欲があって初めてやりがいを感じることが出来ると思います。どんな仕事でも受け身の態勢ではスキルも向上しませんし、結果やりがいも感じることはありません。

コネ入社したら仕事に不満

コネ入社したら仕事に不満

 起業した上司や友人の会社に誘われたりなど業界によっては、起業や独立するケースありますよね。知り合いからの紹介や引き抜きの場合であれば、入社後の働くイメージがあり採用しやすいでしょう。しかし、転職先で知り合いの評判が悪く、周りから遠巻きにされている状態で仕事がやりにくいなど話としては結構見受けられます。しっかりと、自分の価値観を大事にしましょう。

業界・企業研究が不十分で面接で恥をかく

業界・企業研究が不十分で面接で恥をかく

 業界・企業研究を行うのは、単に面接時の会話の材料を見つける為のものではありません。自身のキャリアビジョンをより具体化したり、転職後に「こんな会社とは、思わなかった」というミスマッチを防ぐためにも必要なものです。インターネット上の情報だけで対策を済ませる人が多いのが現状です。人事担当者からるれば、上っ面の情報だけで志望動機を語る人はすぐに分かります。キャリアコンサルタントと一緒にしっかりとした情報収集に努めましょう。

転職先の仕事内容の確認ミスで、違った仕事をする事に

転職先の仕事内容の確認ミスで、違った仕事をする事に

 求人票だけを眺めていると、転職先のイメージばかりが膨らみます。人材が流動的になり転職しやすい時代になったとは言え、思い込みで転職先を選んでいる人が多いのが現実です。求人票に踊らされず、「具体的な仕事内容」「職場の雰囲気・人間関係」に加えて、「給与など待遇面」をしっかりと確認することが重要です。

衝動的に退職し、離職期間が長くなる

衝動的に退職し、離職期間が長くなる

 一概には言えませんが、退職してから離職期間が半年を越えると不利になってくる可能性があるでしょう。人事担当者からすれば、「仕事への意思が弱いのではないか」「スキルが通用しないのではないか」などネガティブに捉われます。一概には言えませんが、退職してから離職期間が半年を越えると不利になってくる可能性があるでしょう。人事担当者からすれば、「仕事への意思が弱いのではないか」「スキルが通用しないのではないか」などネガティブに捉われます。

転職エージェントに登録するとこんなサービスが"無料"で受けられる

転職サイトの求人票・情報だけで判断しない

転職サイトの求人票・情報だけで判断しない

企業内部の雰囲気や直近の企業の状況、どんな人材を求めているか、社内制度、有給取得率など、求人票だけでは得られない情報をお伝えできます。

経歴振り返りは、自分だけで行わない

経歴振り返りは、自分だけで行わない

これまでの経歴を棚卸をし、やりたいこと・アピールすべきポイントなどを整理。入社後のミスマッチを防ぐことが出来ます。

インターネット・口コミの情報だけを頼りにしな

インターネット・口コミの情報だけを頼りにしない

業界・企業について調べ、自分のキャリアとの接点を探すのは、時間も手間もかかります。経験・スキル・志向がどの業界・業種で生かせるかを、客観的視点でアドバイス。

面接対策本・ハウツー本だけで、対策を済まさない

面接対策本・ハウツー本だけで、対策を済まさない

応募する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、人事担当者の人柄や面接で想定される質問など徹底した対策します。また、面接後のフィードバックを行うので、面接が苦手でも次に活かす事が出来ます。

年収交渉は妥協せず、積極的に

年収交渉は妥協せず、積極的に

年収など希望に近い求人をさらに好条件に出来るよう、キャリアコンサルタントが交渉を代行します。直接言い出しづらい内容ですので、交渉を代行してもらいましょう。

  1. 転職エージェント
  2. はじめての転職